CCTカークリーニング竹花

Home > 自動車> CCTカークリーニング竹花

車のシート洗浄やシートクリーニング事例|創業32年CCTカークリーニング竹花


車内クリーニングの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

車やクルーザーの室内クリーニング、車内清掃の施工事例紹介。ビフォーアフターでご紹介しております☆埼玉から東京、千葉、神奈川までお伺いします!出張料金は埼玉近郊(10km以内)は無料、東京・千葉・神奈川で3,000円(税抜)!

車のシートクリーニングをしたいならば、高温の蒸気で汚れた箇所を綺麗にするスチームタイプのクリーナーを使うことをおすすめします。シートを車から取り外して洗うことは難しく、水をそのままかけて洗おうとすると車内が水浸しになり故障してしまうことがあります。このような問題もスチームタイプのクリーナーを使えば、安心してシートクリーニングが行えます。普段の生活でも飲み物や食べ物をこぼしてしまった際に、シートにシミや汚れが残ってしまうことは多いです。特にファストフードなどはこぼしてしまうと、落ちにくい油のシミになってしまいます。この油汚れもクリーナーを利用すれば綺麗に落とすことができます。さらに、目に見えない砂やホコリといった汚れはいつの間にかシートの間などにたまってしまうことがありますが、このような汚れも洗うように落とせるスチームクリーナーを活用しましょう。また、スチームの力を利用すれば汚れを落とすだけでなく高温の蒸気によってカビやダニを駆除することも可能になります。表面的な汚れを拭いて綺麗にしたとしても、油ジミが長い期間放置されてしまうとシートの奥にある繊維にまで汚れが入り込みます。染み込んだ汚れはシミの原因になり拭いただけでは綺麗にならないですが、スチームを利用したクリーナーがあれば蒸気の力でシートクリーニングできるので安心です。特にジュニアシートやチャイルドシートは食べこぼしなどで汚れやすいので、定期的に掃除をして、安心の環境をつくるのが大事です。シミや汚れを綺麗にすれば車内に漂いやすい嫌なニオイの原因を除去することもでき、消臭効果を得られます。スチームタイプのクリーナーはコンパクトで持ち運びできるタイプから、掃除機のようなタイプまであるので使い分けることで手が届かないような場所まで綺麗にすることが可能です。まずはどんなタイプが必要か考えて、使用する目的に合わせて最適なものを選びましょう。
<<関連情報:車 シートクリーニング>>
PAGE TOP ↑