Gratz Photo studio

Home > ビジネス> Gratz Photo studio

福岡市桜坂グラッツフォトスタジオ | プロフィール・オーディション・宣材写真撮影


写真の関連情報

写真(しゃしん、古くは寫眞)とは、 狭義には、穴やレンズを通して対象を結像させ、物体で反射した光および物体が発した光を感光剤に焼き付けたのち、現像処理をして可視化したもの。このとき、感光剤に焼き付けるまでを行う機器は、基本的にカメラと呼ばれる。 広義には、電磁波、粒子線などによって成立する、弁別可能で存続性の高い像。英語の"photograph"という語は、イギリスの天文学者ジョン・ハーシェルが創案した。photo-は「光の」、-graphは「かく(書く、描く)もの」「かかれたもの」という意味で、日本語で「光画」とも訳される。"photograph"から、略して"フォト"と呼ぶこともある。 日本語の「写真」という言葉は、中国語の「真を写したもの」からである。
※テキストはWikipedia より引用しています。

福岡市桜坂グラッツフォトスタジオは証明写真からプロフィール・オーディション・宣材・記念の家族写真・七五三・お宮参り・成人式・マタニティー写真をプロの写真家が撮影。料理・商品撮影などの商業写真撮影が可能な写真スタジオ・写真館です。スポーツ写真や取材撮影、竣工写真などの出張撮影、動画撮影も可能。まずは、お問い合わせを!!

三人の子どもがいますが、上の二人の子どもの七五三は子どもの写真撮影で有名なチェーン店にお願いしてきました。けれど撮影する人が多く、いつも混雑していて慌ただしい撮影にもなりますし、後ろで待っている人がいると余計焦ります。結局子どもの緊張が取れないままだったり、機嫌が悪いまま撮影することになり、あまり満足出来る写真が撮れたことがありませんでした。そこで今回末っ子の七五三を迎えるにあたり、今までとは全く違うフォトスタジオに写真を頼むことにしました。カメラマンの方が福岡の有名球団で仕事をしていた方だとあって、スタジオも本格的で期待が持てるものでした。嬉しかったのが、前後に撮影している人がおらず貸し切り状態で、時間や他の人を気にせず撮影できたことです。三人の子ども達もこれまでになくリラックスして楽しそうにしていました。そして写真に関しては全くの素人ですが、それでもこれまでのチェーン店のものと雲泥の差と言っていいほどの写真の質でした。子どもの記念写真は何回も撮影してきましたが、初めてお金を払う価値のある写真を撮影することが出来たと思ったくらいです。フォトスタジオが違うだけで写真がこんなにも違うのだと、改めて実感しました。

注目キーワード

銀塩写真
撮影にフィルムを用いる写真。 フィルム表面にある臭化銀などの銀の塩類は、光が当たると金属の銀の微細粒子となる。 さらに現像により、この銀の粒子を種として、銀の粒子が大きくなり、肉眼で黒く見えるようになる......
写真
光学的方法で感光材料面に写しとった物体の映像。一般には物体からの光を写真レンズで集めてフィルム・乾板などに結像させ、これを現像液で処理して陰画とし、印画紙などに焼き付けて陽画を作る。 日本では1857年に...
PAGE TOP ↑