アクイル

Home > ビジネス> アクイル

ISO14001内部監査員研修の株式会社アクイル


プライバシーマークの関連情報

プライバシーマークとは、一定の要件を満たした事業者などの団体(医療法人など)に対し、一般財団法人日本情報経済社会推進協会 (JIPDEC) が使用を許諾する登録商標である。
※テキストはWikipedia より引用しています。

ISO内部監査の研修ならアクイルへ 業界屈指の低価格!! 1名16,000円!取得コンサルティングも実施中

地球環境に影響を与えない作業を実践しているかどうか、その環境調査の一環として行われるのが、ISO14001内部監査です。ISO14001内部監査を通すには、特定のマニュアルを作成する必要があるので覚えておきましょう。審査突破のための質問項目に対して、それぞれがクリアになっているかどうか、会社の中の人間が内部監査に努める必要があります。とは言え、内部監査の作業そのものは非常に大変で、時間がかかってしまうというのも疑いようのない事実です。確かに環境マネジメントは重要な要素の1つではあるでしょう。しかし、そこにばかり注目し、1番重要な作業効率が下がってしまうようでは話にならないので、そうならないように工夫をする必要があります。実際のところ、ある程度予算に余裕を持ち、お金を出すことが出来るような状況なら、ISO14001内部監査に定評のある、専門の業者にお願いした方が無難です。この類のコンサルティング業者はたくさん存在しているので、審査に向けて確実な書類を作成するためにも、業者にお願いしたほうが利口だといえます。ノウハウを知り尽くしているコンサルティング業者なら、どのようなマニュアルを作成すれば良いのかも熟知していますし、それだけではなく、その他トータルでサポートをお願いすることもできるでしょう。できるだけ時間をかけて、項目を見逃さないようにし、確実に審査を通すように意識することが大切です。当然ながら、コンサルティング業者によって見積もり料金が変わってくるので、いくつかの業者の料金を比較したほうが無難だといえます。インターネット上の口コミ情報サイトや、ISO内部監査専門コンサルティング業者のホームページを確認し、それぞれを比較した上で総合的に判断するようにしましょう。ISO14001内部監査用のマニュアル作成に追われずに済むようになれば、その社員も自分の仕事だけに集中できるようになるはずです。

注目キーワード

プライバシーマーク
社団法人情報サービス産業協会(JISA)と財団法人日本情報処理開発協会(JIPDEC)の指定機関契約に基づいて、適切な個人情報の取り扱い保護措置を講じていると認められた企業に認定付与されるもの。1998年10月に定め...
PAGE TOP ↑