Kumagaya Rafting ノーティーボーイズ

Home > 趣味> Kumagaya Rafting ノーティーボーイズ

熊本県球磨川でラフティングをするならノーティーボーイズ


船の関連情報

船(ふね、舟、舩)とは、人や物をのせて水上を渡航(移動)する目的で作られた乗り物の総称である。 基本的には海、湖、川などの水上を移動する乗り物を指しているが、広い意味では水中を移動する潜水艇や潜水艦も含まれる。動力は人力・帆・原動機などにより得る。 大和言葉、つまりひらがなやカタカナの「ふね」「フネ」は広範囲のものを指しており、規模や用途の違いに応じて「船・舟・槽・艦」などの漢字が使い分けられている。よりかしこまった総称では船舶(せんぱく)あるいは船艇(せんてい)などとも呼ばれる(→#呼称参照)。 水上を移動するための乗り物には、ホバークラフトのようにエアクッションや表面効果を利用した船に近いものも存在する。また、水上機や飛行艇のように飛行機の機能と船の機能を組み合わせた乗り物も存在し、水上機のフロートや飛行艇の艇体は「浮舟」(うきぶね)と表現される。 なお、宇宙船や飛行船などの水上以外を航行する比較的大型の乗り物も「ふね」「船」「シップ」などと呼ばれる。これらについては宇宙船、飛行船などの各記事を参照のこと。また舟に形状が似ているもの、例えば刺身を盛る浅めの容器、セメントを混ぜるための容器(プラ舟)等々も、その形状から「舟」と呼ばれる。これらについても容器など、各記事を参照のこと。
※テキストはWikipedia より引用しています。

九州の熊本県人吉市を流れる「日本三大急流」の球磨川でラフティングを楽しむならノーティーボーイズ!ラフティング初心者の方から「もっと楽しく」「もっと激しく」遊びたいお客様も大歓迎です。各種割引も実地中!!

趣味の多様化が広がっていますが、やはりアウトドアスポーツは爽快感が違うと言われています。定番の野球やサッカーだけではありませんし、色々なアウトドアスポーツを楽しむことで、健康増進になり人脈も広くなるのではないでしょうか。そんな中、ニュースポーツがたくさん誕生しています。最たる例と言えるのが、ラフティングではないでしょうか。日本においてはまだまだ認知度の低いラフティングですが、日本で世界選手権が開催されたこともありますし、競技人口も少しずつ増えているようです。そんなラフティングですが、難しいと言われているのが川選びだと言われています。激流でありながら危険性を抑えられる川が理想的ですが、全国にはなかなか理想が叶う川がないと言われています。ただ、数少ない中のトップに君臨するのが球摩川だと言われています。激しい流れの球磨川でラフティングをすることで、技術が磨かれて上級者の仲間入りをすることが出来ます。もちろん、初心者の方にはベテランのガイドが付くので安心です。救命道具とオールを持って、激流に立ち向かう瞬間は特別感があるのではないでしょうか。同じボートには7~10人の方が乗りますが、呼吸を合わせてオールを漕ぐことが重要になります。大学のサークル活動や企業の研修としてラフティングが活用されるケースもありますし、連帯感が生まれてライフスタイルにも大きな影響をもたらしてくれるのではないでしょうか。球磨川周辺には観光スポットも多いですし、素敵なホテルや旅館が多く立ち並んでいます。旅行会社のツアーの中にもラフティングが組み込まれていますし、これからも人気は上がって行くのではないでしょうか。球磨川の雄大な自然の中で、荒波に挑戦することで得られることはたくさんあるはずです。専任のガイドが優しくレクチャーしてくれますし、女性や高齢者にとっても安心して取り組めるのではないでしょうか。チャレンジすることで、新しい自分に出合えます。

注目キーワード

艦船
いわゆる「船」全般を指す。 ・民間用の船である、客船や貨物船等の総称である「船舶」 ・軍事用の船である、航空母艦や巡洋艦等の総称である「軍艦」 以上をまとめて呼ぶときに使用する。
宇宙船
朝日ソノラマが発刊していた、日本の特撮の専門雑誌。隔月刊。 2005年6月1日発売のVol.119(2005年7月号)をもって休刊。 2008年、ホビージャパン社が権利を譲り受けて復刊させた。
<<関連情報:球磨川 ラフティング>>
PAGE TOP ↑