横浜ホームスタッフ

Home > 住宅> 横浜ホームスタッフ

横浜ホームスタッフ


リフォームの関連情報

リフォームとは、居住の改築や改装のことで、特に内外装の改装を差す和製英語。 英語の reform は「改心する、改正する」もしくは広く「作り直す」の意であり、日本語の「住宅リフォーム」に相当する語は renovation、refurbish である。また、建築業者の中には「リフォーム」ではなく、「家を作り直す」との意を込めて「リホーム」 (rehome) としているところもある(これも和製英語)。
※テキストはWikipedia より引用しています。

横浜のリフォームの事なら横浜ホームスタッフへ。「毎日の生活がぐっと快適にかわるリフォーム」を安心価格でご提供しています。キッチン、浴室(お風呂)、トイレ、洗面所など水廻りのリフォームから、増改築、リノベーションまで対応。無料相談受付中!

横浜でリフォームの契約をする際には、自分でも契約時に気を付けたいことがあります。納得をした上での契約書を交わす行為にはなりますが、横浜のリフォーム会社をして後から後悔の内容にしなければなりません。相談をして契約を交わす際には、必要な書類を会社が用意するので、そこにサインや押印をすることになります。しかし横浜のリフォーム会社との契約にしろ、業者との契約書というのは、細かい文字で書いてあることが多く、つい面倒でよく読まないことが少なくはありません。希望のプランを提案してもらって、見積もりも出てこれでよいと思っての契約ですが、絶対のおろそかにしてはいけないのが、契約書を確かめるステップです。やってはいけないのは口約束であり、口頭でのやり取りは後に残ることがなく、証拠が残らないのであとあとトラブルになりやすい代表といっても過言ではありません。契約をするときには契約書を準備してもらい、その内容を時間が掛かってもよく読むこと、そして絶対に契約は契約書という書面で交わさなくてはなりません。こうした会社との契約時に必要な書面は工事請負契約書をはじめ、仕上げ表や設計図面に、請負契約約款などもあります。見積明細内訳書や見積もり明細書と呼ばれるような、請負代金内訳書も必要になりますし、工程表が付く場合はかなり大きな工事です。業者側としては説明はするものの、あいまいでよくわからないままサインをしたり、押印をしてはいけません。目の前に業者がいては読み込む暇もないですから、一時的に預かり書面を確かめたり、書類のコピーを押印の前にもらい、じっくりと内容を読み確かめてから、確認をしての押印です。費用面で口頭とは異なる数字にはなっていないかどうか、意味の分からない金額が入っていないかなども確認しますが、確認事項はこうした金額明細のみではありません。相談をして決めた部品の種類は正しいか、設備機器の品番は使用するものと適合しているか、カタログがありますので間違い探しをすることです。

注目キーワード

野村不動産リフォーム
野村不動産ホールディングスはリフォーム事業の強化、拡大を目的に新会社、野村不動産リフォームを設立し、4月1日から営業を始める。マンション管理を手掛けるグループ会社の野村リビングサポートが現在リフォーム......
リフォーム詐欺
高齢者を狙い、自宅のリフォームを勧め、法外な暴利を貪る詐欺。 平成17年頃から社会問題となる。
PAGE TOP ↑