株式会社松浦建設

Home > 住宅> 株式会社松浦建設

札幌 新築 中古住宅 リフォーム|株式会社松浦建設


リフォームの関連情報

リフォームとは、居住の改築や改装のことで、特に内外装の改装を差す和製英語。 英語の reform は「改心する、改正する」もしくは広く「作り直す」の意であり、日本語の「住宅リフォーム」に相当する語は renovation、refurbish である。また、建築業者の中には「リフォーム」ではなく、「家を作り直す」との意を込めて「リホーム」 (rehome) としているところもある(これも和製英語)。
※テキストはWikipedia より引用しています。

札幌のリフォーム、マンションリフォーム、外壁リフォームの株式会社松浦建設。一年を通してあたたかい家、すずしい家を目指して最善のリフォーム提案を行います。

リフォームをおこなうときに、リフォームに掛かる費用は気になります。リフォームをおこなう場所や内容によって、費用は数十万円から数百万円と大きく変わってきます。これは、札幌の住宅に対しておこなうときも同じです。費用の捻出は、自己資金の範囲内でおこなうのか、ローンを組むのかで変わってきます。自己資金でおこなう場合、自己資金を全てリフォームに注ぎ込んでしまうと、将来にお金が足りなくなってしまう可能性があります。老後の生活費や子供の教育資金など、将来掛かる費用を計算して自己資金で幾らまで使えるかを計算しておく必要があります。教育費用は、札幌で大学まで進学した場合に掛かる費用などを調査しておく必要があります。手持ちの資金から将来の為に蓄えておく金額を引いたお金で、リフォームをおこなう必要があります。資金が不足した場合は、ローンを組むことになります。ローンは、住宅ローンとリフォームローンがあります。どちらにも、メリットとデメリットがありますので、返済計画をたててどちらのローンにするかを決める必要があります。一般的には、住宅ローンは、長期のローンが組めて月の返済額を抑えることができます。リフォームローンは、審査が早く借り易いと言われています。どちらのローンにするかは、ローンの月々の支払い額は、生活費だけでなく将来のための積み立て額などの将来設計も考慮して、幾らまでなら返済が出来るかで決める必要があります。一人で判断はせずに、札幌の地元の金融機関などに相談をして資金計画のアドバイスをもらうことが必要です。また、税金が戻って来る可能性があります。所得税は、自己資金、ローンに関わらず一定の条件を満たすと税金が戻ります。例えば、バリアフリーの工事をおこなった場合、工事費が200万円まで10%の税金が戻ってきます。つまり、最大20万円の精勤が戻ります。それ以外にも、固定資産税の減額や贈与税非課税などのメリットがありますので、必ず確認をして、税務署に申告をおこなうことが大切です。

注目キーワード

悪質リフォーム
住宅リフォームで悪質なもの。不必要な工事や法外な料金請求など。 2005年は、認知症の老人につけこんだ「次々販売」が問題になったりした。
リフォーム
reform は英語だと、改正などの意味で使用される。 日本では、『作り変える』意味で使われることが多い。 +服の仕立て直し。 +建物などの改築、増築、改装。リモデルも参照。
PAGE TOP ↑