さやま保育園ふじみ

Home > スクール> さやま保育園ふじみ

狭山市の保育園「働くママの笑顔に貢献」さやま保育園ふじみ


保育所の関連情報

保育園は、保護者が働いているなどの何らかの理由によって保育を必要とする児童を預り、保育することを目的とする通所の施設。日本では、児童福祉法第7条に規定される「児童福祉施設」となっている。本項では、日本の保育所について解説する。 施設名を「○○保育園」とする場合も多いが、あくまでも「保育園」は通称であり、同法上の名称は「保育所」である(尚、市区町村の条例で施設名を〇〇保育園と定める例がある)。 地域によっては、公立を保育所・私立を保育園という形式で分けるところや、施設面積が広いところを保育園・狭いところを保育所とするところもある。
※テキストはWikipedia より引用しています。

狭山市のさやま保育園ふじみは「働くママの笑顔に貢献したい」という想いから、内閣府の「企業主導型保育事業」を活用し、働くママの目線に立った新しいスタイルの保育園です。小規模ですが、家庭的な雰囲気の中、愛情いっぱいで大切なお子様をお預かりします。

狭山市で保育所探し、保活を行う保護者の方にとって、知っておくべきは、やはり待機児童数であり、希望する保育園に入園できるのか、また狭山市のみならず、県全域でもどんな支援、助成があるのか、リサーチしておくべき内容が多々あります。平成29年4月1日時点での待機児童数は、狭山市では46名であり、前年度よりも待機児童数は減少している傾向です。ですが、第一希望、特に認可保育園に入園できる家庭ばかりではなく、2次調整の申請に落選したり、認可外保育園に通う世帯も実際にいらっしゃいます。比較や検討時に評価の対象としたいのは、第一に、認可園に入りたい人が受け入れられていることや、保育料が適正なのか安いのか、などが挙げられています。今後評価の対象としたいのは、新設計画の発展です。例えば、場所も狭山市の駅近であったり、小規模保育所などの設置などがあり、さらにファミリーサポートセンターの充実度も大事になり、利用する保護者の利便性にまで繋がってきます。狭山市への引っ越し、移住を計画しているならば、保育の利用料についても考える必要はあります。ひとり親世帯にも何かしらの助成は必要で、例えば、半額を補助することが可能になれば、ひとり親でも自立支援に繋がります。現在、狭山市の保育園の0歳児クラスから全年齢の定員ともに増加傾向ですし、大都市と比較しても園に入りやすい魅力もあります。申し込み状況を踏まえ、前倒しによる整備の実施も課題とする園も少なくはありません。こうした増加する需要の受け口に、新しいスタイルとなる企業主導型保育事業の促進も注目したい支援事業です。今、保育園から認定こども園への移行も行われていることもあって、バランスのとれた子育て支援も年々高いものに変遷していることも見受けられます。子育てをしながら、仕事をこなす保護者にとっては、認可されている園への入園が希望でも、園に負けない保育所も多数存在しているのも事実です。

注目キーワード

認証保育所
東京都独自の基準を設定し、都と区が補助している保育所のこと。原則13時間以上の開所が義務づけられている。また、0歳から入所できる。駅前に設置することを基本としたA型と、保育室制度からの移行を中心とした小規......
無認可保育所
国の認可や認証を受けない保育所のこと。東京都の場合は、認証保育所でもない保育所のことを指す。24時間保育などを行っている所などがある。公的助成がほとんど無いので保育料が比較的高いとされる。
<<関連情報:狭山市 保育園>>
PAGE TOP ↑