ドリームネット

Home > 住宅> ドリームネット

ドリームネット


住宅ローンの関連情報

住宅ローン(じゅうたくローン、housing loan、mortgage)は、「本人及びその家族」または「本人の家族」が居住するための住宅及びそれに付随する土地(一戸建て、マンション)を購入、新築、増築、改築、既存住宅ローンの借り換えなどを行うために金融機関から受ける融資のことである。
※テキストはWikipedia より引用しています。

住宅ローンはどのくらいがよいのか、といえばそこまではっきりとしている基準があるわけではないですが年収の5倍から7倍程度とされています。つまりは、年収が500万円であれば2500万円から3500万円程度と言われています。ずいぶんと少ないと思うかもしれませんが、金利から考えますと無理をしないレベルというのはこのくらいになります。しかし、今ではかなり住宅ローンの金利が相当に安くなっていますから、長期的に見てももう少し借りてもそこまで苦しいことにはならないこともあるでしょう。住宅ローンなのですが当然、その住宅には抵当権が入ることになります。つまりは、返済ができなくなりますとそれは取り上げられるということです。ちなみに契約自体ではあるのですがアメリカでは住宅以上に債務が残るということはないです。ですから、住宅ローンがある意味では組みやすいということになっています。つまりは、もし住宅ローンが様々な事情で支払うことができなくなっても住宅さえ差し出すことによって、債務自体はチャラになる、ということです。アメリカの住宅業界がかなり盛んな理由の一つにはこうしたことがあります。日本ではまったくそんなことはなく、任意売却か競売で売られて残った債務はそのまま残ることになります。ですから、一生に一度の怖い買い物と言われているわけです。それに連帯保証人なども求められることになりますから、失敗をすると物凄く迷惑をかけることになりますから、かなり慎重に決める必要性があるのが住宅ローンといえます。また、金利の状態というのが経済情勢にかなり左右されることになりますから、返済途中でもっと金利がよいところが出てたりします。そんなときには借換えをするようにしましょう。事務手数料とか手間が結構かかることになりますが、それでも少しでも金利が安くなるのであれば残っているローン額次第では相当にメリットがありますから検討する余地があるわけです。

注目キーワード

協同住宅ローン
日本の住宅金融専門会社。東京都目黒区に本社がある。1979年に農林中央金庫、都道府県信用農業協同組合連合会などが出資して設立された。早々に事業所向けの不動産関連融資から撤退ためにバブル経済崩壊後の破綻を免......
住宅ローン担保証券
金融機関が顧客の住宅ローン債権を担保として証券化したRMBS(Residential Mortgage-Backed Securities)のこと。 →RMBS
<<関連情報:住宅ローン 審査 通し屋>>
PAGE TOP ↑