サンドアートパフォーマンスで披露宴・結婚式・企業イベント - kohei(こうへい)のサンドアートパフォーマンス

Home > サービス> サンドアートパフォーマンスで披露宴・結婚式・企業イベント - kohei(こうへい)のサンドアートパフォーマンス

サンドアートパフォーマンスで披露宴・結婚式 「Koheiサンドアートオフィス」 - kohei(こうへい)のサンドアートパフォーマンス


絵画の関連情報

絵画(かいが)は、物体の形象を平面に描き出したもの。 日本語では類語の絵が幅広く用いられ、絵画という語は、特に芸術作品としての絵を指す場合がある。ただし、絵と絵画を区別して用いるとは限らない。また画を後ろにつけて描写の技法や対象を示す用語もある(水墨画、静物画など)。 フランス語の peinture(パンチュール)、英語の painting(ペインティング)、日本語の雅言的表現で絵と呼ぶこともある。 文字などを「書く」ことより早く、絵画を「描く」行動は幼少期から見られる行動である。発達心理学などの分野では、14歳から18歳程度で完成期と呼ばれる時期を迎え、多くの人はその頃から、ほとんど描かなくなる。子どもの絵に関する社会科学的研究は豊富だが、大人の絵に関する同様の研究は少ない。その一方で、多くの人が描かなくなる年齢を過ぎても活動的に絵を描く人々が居る。歴史的に代表的なのは画家であると言えるが、現代ではより多くの業種に見出される傾向である。なお、人間の発達には個人差があり、柔軟な姿勢が必要である。
※テキストはWikipedia より引用しています。

披露宴・結婚式・各種イベントでお楽しみ頂けるサンドアートパフォーマンスのご依頼はこちらへどうぞ。ガラスの上をバックライトで照らし、砂の絵を次々と変化させてストーリーを展開していきます。様々なテーマのサンドアート演目からお選び頂く事が可能。

サンドアートは、結婚式場や特定のイベントなどで真価を発揮する、リアルタイムで行われる非常に素晴らしい芸術です。昔に比べても、サンドアートを専門的に行うアーティストが増えてきました。もしこれから何かしらのイベントを控えているのであれば、ぜひとも前向きに検討してみると良いでしょう。結婚披露宴等の式場で行われれば、雰囲気を盛り上げてくれることうけあいです。基本的には砂を取り扱う芸術となるので、風が全く吹かない室内で行われることになります。そのため、当日のサンドアート用の部屋をしっかりと確保しておく必要があると言うことを、頭の中に入れておきましょう。それから、リアルタイムで行われると言うことで、生の楽器の演奏と非常に相性が良いと言う事でも知られています。アーティストにお願いをするときの料金だけではなく、それと同時にバックで演奏してくれる人たちを雇うときの料金も、視野に入れておいた方が無難です。1つの要素だけではなく、あくまでもトータルでチェックし、総合してどのくらいの料金がかかるのかを見極めておきましょう。アーティストに現地に出張に来てもらうことになるわけですから、出張料金なども視野に入れておくことが大切だといえます。また、サンドアートの技術力を確かめるためにも、評判をチェックするのも基本中の基本です。今までお願いしたことがない、そしてこの業界の事に関して全く精通していないと言うならなおのこと、お願いしたことがある人の体験談に着目しながら、アーティストを選ぶようにしましょう。インターネット上に注目をすれば、サンドアートのアーティストの評判が確認できる口コミ情報サイトや掲示板、そしてSNSの情報などから、大体わかるようになります。気になるアーティストをピックアップしたら、彼らのブログやホームページを確認して、今までの作品に注目をするのが妥当です。大体のアーティストは、自らのブログやホームページに、今までのサンドアートの作品を動画で公開してるので、参考材料として見せてもらいましょう。
<<関連情報:サンドアート>>
PAGE TOP ↑