東京の英語保育・プリスクール | FUTURE児童園

Home > サービス> 東京の英語保育・プリスクール | FUTURE児童園

東京の英語保育・プリスクール | FUTURE児童園


保育所の関連情報

保育園は、保護者が働いているなどの何らかの理由によって保育を必要とする児童を預り、保育することを目的とする通所の施設。日本では、児童福祉法第7条に規定される「児童福祉施設」となっている。本項では、日本の保育所について解説する。 施設名を「○○保育園」とする場合も多いが、あくまでも「保育園」は通称であり、同法上の名称は「保育所」である(尚、市区町村の条例で施設名を〇〇保育園と定める例がある)。 地域によっては、公立を保育所・私立を保育園という形式で分けるところや、施設面積が広いところを保育園・狭いところを保育所とするところもある。
※テキストはWikipedia より引用しています。

英語の保育なら「FUTURE児童園」へ。当児童園は、2歳から6歳の子供に英語による保育を東京都世田谷区、大田区、中央区、北区で展開しています。子どものグロ−バルな未来と将来性をのばすオリジナルカリキュラム教育と保育を提供する児童園・プリスクールです。

欧米においてのプリスクールは、主として3~6歳までが送るスクールを意味しますが、国内では、原則として英語のみで過ごす保育施設をいいます。0から3歳のコース、更に一時保育もしくは延長保育を設定しているところも非常に多く、保育園の代役で通わせている人、或いは幼稚園入園に向けての慣らし保育として通わせる人もいます。プリスクールにおいては徹底的な英語学習が施されます。子どもの吸収する力は言葉を失うものがあります。 1日につき4から5時間以上英語に接触して過ごすことから、英会話に通学するよりも効率的に英語を身に付けることができます。子供の周辺では常時英語が溢れでているので、闇雲に学ばせるのでなくて、英語を話すことができる周りの人とのコミュニケーションを介してナチュラルに理解します。またプログラムが取り揃えられています。スポーツであったりアートなどを扱っており、国内の幼稚園もしくは保育園より多くの経験をすることができます。こうした経験によって子供が関心を寄せるものが増加すれば、近い将来の人生計画を想定する上で助けになります。また、プリスクールに関してはスケジュールをフレキシブルに組みたてます。一週間あたり3日から登園ができることも多く、初めての経験として集団生活を送っていく幼い子どもたちもだんだんと手慣れていきます。場合によってはアフタースクールプログラムを行なっており、幼稚園が終了したあとに英語学習を実施する場として使用することができます。たくさんのメリットがありますが、併せてデメリットもあります。まず第一によくあるような私立幼稚園と照らし合わせるとコストが高いです。1年のレッスン費用が100万円をオーバーすることも少なくありません。更に施設が小さい規模なので、遊具やプールが不足しています。さらに、国語力の課題です。どうしても日本語に対する親しみが薄れるというウィークポイントがあります。

注目キーワード

認可保育所
日本の児童福祉法に基づく児童福祉施設の保育所のこと。国が定めた設置基準を満たし、都道府県知事に認可する。区市町村が運営する公立保育所と社会福祉法人などが運営する民間保育所がある。大幅な公的資金補助があ......
保育所
保護者が働いているなどの何らかの理由によって保育が欠ける子供を1日ごとに預り養育することを目的とする施設。厚生労働省が管轄し児童福祉法に規定される児童福祉施設である。 ちなみに、国公立の場合は正式な名称......
PAGE TOP ↑