看板デザイン相談所

Home > サービス> 看板デザイン相談所

店舗の看板デザイン、施工は【看板デザイン相談所】神奈川・東京 |


看板の関連情報

看板(かんばん)とは、宣伝、広告等のために使われる、木、プラスチック、金属(ステンレスなど)等、ある程度耐久性のあるものを材質とした、通常は板状の物体。近年では低コスト・高耐久性のあるアルミ複合板が広く使用されている。 主に屋外に使用されるものを指すことが多いが、広義では室名札やディスプレイ用のパネルなど屋内で使用されるものも看板と見なす。英語ではsign(サイン)と言い表され、「標識」「目印」といった意味合いを持つことから、宣伝、広告の意味以外にも、見るものに対し、何らかの情報を伝えるための表示物と捉える場合もある。
※テキストはWikipedia より引用しています。

おしゃれ看板の専門店。看板デザインで集客、ブランディングを考えトータルでプロデュース。横浜を中心に、神奈川・東京・関東近郊まで。飲食店、学習塾、クリニックなどのお店や商業施設の実績多数掲載。看板デザイン~設置まで安心してお任せ頂けます。

看板をデザインするためには、とにかく見やすくわかりやすいことが重要になります。芸術作品であれば必ずしも見やすくなくてはならない、等の条件はありませんが、看板はお客さんの目を引き付けてアピールする必要があるために、ある程度は目立つことはやはり必須条件になります。要するに、アート作品とは違った信念で作成する必要がある、ということです。看板を作成する際に目立つカラーの例をあげてみると、蛍光カラーなどがあります。あまり多用すると派手になりすぎますが、看板の場合は気にすることなく使用してもいいといえます。さらに使用するデザイン文字もある程度の大きさと迫力が必要で、あまりに小さすぎる場合や、文字数が必要以上に多すぎて読みにくい場合は改善する必要があります。そして、掲載する文字の内容的にも、あまりに説明的なものよりも、見ただけで視覚に直接デザインとして訴えかけるような、わかりやすいフレーズを並べた方が賢明です。そして設置する場所は、やはりわかりやすい所、人通りの多い所に集中させることが大切になってきます。看板を作成する際には枚数や個数も大切で、素晴らしい看板を作成すると同時に、数でのアピールもなくてはならないものになってきます。どれだけ素晴らしい内容でも数が少ないと注目されにくいため、数には注意すべきかもしれません。さらに夜間も読みやすいような看板だと、さらに経済的に影響力の強い魅力が生まれてきます。昼間だけわかる物ではなく、夜間でもライトをしっかりと点滅させるなどしてアピールしていく必要があります。ライトもただ付けているだけではなく、できれば点滅したりしているほうが目に入りやすく便利ですが、作成時に経済的に負担がかかる場合は点滅しなくても大丈夫かもしれません。さらに、制作する時点でも数を多く注文したほうがお得になる場合が多いため、できればなるべく多めに作成しておいた方が賢明かもしれません。
PAGE TOP ↑