海外での腎移植手術をお手伝い 海外腎移植事情研究協会

Home > サロン> 海外での腎移植手術をお手伝い 海外腎移植事情研究協会

海外での腎臓移植をサポート|海外腎移植事情研究協会


病院の関連情報

病院(びょういん、英: hospital)は、疾病や疾患を抱えた人(病人、患者)に対し医療を提供したり、病人を収容する施設(の中でも一定の規模のもの)のこと。 病院の設立者は公的セクターが多いが、また保健組織(営利または非営利団体)、保険会社、慈善団体などがある。病院は歴史的に、その多くが宗教系修道会や慈善家によって設立・運営されてきた。
※テキストはWikipedia より引用しています。

海外での生体腎移植や臓器移植に関する情報は30年以上の歴史を誇る当会へ!ドナーの心配なくクレアチニン上昇による透析と決別するための情報です。透析前の先行的腎移植にも対応し、帰国後の医療機関も万全に確保。まずは体験者の話をお聞きください。もちろん費用は無料です。

腎移植は末期の腎不全の唯一の根治治療であり、成功すれば日常生活を営む上では免疫抑制剤の服用以外は、一般の人と同じような生活を送る事が出来ます。しかしながら日本国内に於ける腎移植実績は年間1000例ほどで、およそ27万人ほどが人工透析を受けているのが実情です。日本ではまだ一般的な治療とは言えませんが海外に目を向けると、アメリカでは年間15000例ほどの腎移植の実績があり珍しい治療ではないと言えます。日本国内で腎移植を受ける場合は、特定疾病療養制度や更正医療などの適応になり、人工透析を受けている場合は身体障害者1級ですから、医療費は免除となります。1997年に臓器移植法が成立し2010年に改正されましたが、海外と比べ日本での実例数が伸びない理由としては、脳死での臓器提供は本人の提供意志を示した意志表示カードと家族の承諾が必要な為、適応となるドナーが殆どいないという実情があった事が挙げられます。具体的には日本臓器移植ネットワークに登録し腎臓の移植を待つ患者は12000人以上に対し、16年間で脳死と心停止を合わせてもドナー数は年間100人にも満たないと言うデータがあります。結果として待機期間は平均で15年を超えるのが実情の為、海外での移植を検討する方も少なくはありません。しかし海外では保健も適応にならず、渡航費用なども含めると1000万円以上の費用がかかると言われています。また海外では、臓器移植法で禁じられている臓器売買などが行われているケースが少なからずあり、移植後の経過を日本の病院で診てもらえないケースなどが問題となっています。更には2008年に国際移植学会が自国の患者は自国で救うよう求めるイスタンブール宣言、2010年にはWHOが同じような内容の新指針を出した事もあり、腎移植の待機期間短縮や実績を増やす為には、日本国内でのドナー確保の啓発活動に力を入れる必要性が一層高まっています。
PAGE TOP ↑