陣内ウィメンズクリニック

Home > サロン> 陣内ウィメンズクリニック

不妊治療・体外受精のご相談は自由が丘【陣内ウィメンズクリニック】当婦人科で妊活をフルサポート |


病院の関連情報

病院(びょういん、英: hospital)は、疾病や疾患を抱えた人(病人、患者)に対し医療を提供したり、病人を収容する施設(の中でも一定の規模のもの)のこと。 病院の設立者は公的セクターが多いが、また保健組織(営利または非営利団体)、保険会社、慈善団体などがある。病院は歴史的に、その多くが宗教系修道会や慈善家によって設立・運営されてきた。
※テキストはWikipedia より引用しています。

東京都自由が丘の不妊治療専門「陣内ウィメンズクリニック」では、体外受精・顕微授精を中心とした妊娠希望専門クリニックです。赤ちゃんを望まれるご夫婦の想いを一日でも早く叶えられるように、薬を使い過ぎない、体に負担を掛けない優しい高度生殖医療を提供してまいります。

病気のための治療方法はいろいろ進歩しています。生死にかかわる病気以外にも、体に一定の異常がある病気もあります。それらに対しても医療技術がどんどん考えられていて、適切な治療が行えるようになっています。結婚をした男女にとって、子供ができるかどうかは非常に重要なことでしょう。夫婦だけの問題ではなく、家としての問題になることもあり、必ず子供を作らないといけないプレッシャーの中で生活をしている人もいます。でも体に問題があると妊娠に至らず、そのまま子供ができないままになる可能性もあります。今は不妊治療があり、体の状態によっては妊娠できる可能性があります。幾つかの不妊治療を行った上でなかなか良好な結果が得られない時、体外受精と呼ばれる方法が採られるかもしれません。試験管ベイビーと呼ばれる言葉が注目されたことがありましたが、まさにそれが体外受精になります。通常は精子と卵子の授精は性交を通して行われます。しかしいろいろな不妊治療を組み合わせても行えない時、より妊娠しやすい状況を作り出すために体の外で受精をする方法を採ります。まず女性側から卵子の採取を行います。痛みを伴う手術になるため、麻酔をかけて行うときもあるようです。卵子の採取は排卵前に行います。男性側の精子との受精を体外で行い、正常な細胞分裂を待ちます。不妊治療では、体外で数日培養をしたあと、良好な胚を選んで体に戻します。人工授精は自然な体の流れではないので、すべてうまくいくわけではありません。これまでの経験から、どの状態で戻すとうまくいかないとの状況が分かっています。その時には凍結が選択されます。今回戻すのは諦めて、次の段階まで胚を保存しておきます。胚を複数戻せば多胎妊娠になりますが、母子のリスクを考慮して今は戻す胚は一つのみにしています。人工授精は世界的にも行われていて、既に人工授精で生まれた子が正常な出産をしていることまでわかっています。安全な不妊治療の一つと認識されています。

注目キーワード

野戦病院
戦場に置かれる病院。
動物病院
獣医療法第2条第2項に定める、獣医師が飼育動物の診療の業務を行う施設の通称。 アニマルメディカルセンターなどとも呼ばれる。獣医師の他動物看護師、助手などで成り立つ。 近年のペットブームの影響を受けて世界...
<<関連情報:不妊治療>>
PAGE TOP ↑