株式会社オデット

Home > ショッピング> 株式会社オデット

トウシューズやレオタードなどバレエ用品の通販【ダンス オデット】


の関連情報

バレエ(仏: ballet)は、西ヨーロッパで発生し広まった、歌詞・台詞を伴わない舞台舞踊。及びその作品を構成する個々のダンス。音楽伴奏・舞台芸術を伴いダンスによって表現する舞台である。物語性をもち、複数の幕をもつ舞踊劇が多い(「くるみ割り人形」「白鳥の湖」「眠れる森の美女」「ドン・キホーテ」など)。しかし20世紀以降には物語性を否定する作品も生まれた。一方で短い小品でありながら優れた物語性をもつものもある(「瀕死の白鳥」など)。事前に振付家によってバレエ独特の所作を指定されたものを演じ、即興作品は少ない。振付の仕方を振付術(コレオグラフィー)という。
※テキストはWikipedia より引用しています。

トウシューズの通販はバレエ&ダンス用品専門店【Dance Odette】へ。トウシューズのほかレオタード、バレエレッスン着など、バレエには欠かせないアイテムを取り揃えております。

バレエ教室を通う場合に重要になるのがバレエ用品の1つであるバレエシューズになります。バレエを踊るために足を支える重要なアイテムになるので、しっかりと自分にあったバレエシューズを選ぶ必要があります。またバレエ用品自体は販売している店舗自体は少ないので、通販サイトなどで購入するとより便利です。通販サイトには数多く様々な種類のバレエシューズを揃えており、価格帯なども幅広く揃えてあります。そんため単純に価格が安いというだけで決めるのではなく、特徴やポイントを抑えて選ぶことが必要になります。ではバレエ用品となるシューズを購入する際のポイントですが、まずはサイズ選びがあります。サイズを選ぶ際のポイントは、シューズの中で足の指がまっすぐ伸ばせると言う点があります。また伸ばせると同時に足の指が自由に動かせるという点もポイントです。バレエ独特の踊りを踊る為には、シューズの中の指先で床を感じながら踊る必要があります。そのためシューズは基本的に自分の足のサイズよりも1センチ程大きいタイプが丁度よいとされています。多少余裕がある状態であっても、サイズの調整じたいはゴムを縛る事で行えるので問題はありません。シューズ選びは大人に限らず子供でも同じなので、しっかりと合わせて選ぶようにします。その他にはシューズの素材などもしっかり選ぶ必要があります。3つ程素材は種類があり、布製と前革製と革製に分けられます。初心者や子供であれば、最初は床と足の裏の面の感覚が掴みやすい布製がおすすめです。またバレエシューズの裏面にも2つ程の種類に分けられます。バレエの経験が長い人などであればスプリットソールがよいですが、子供や初心者の場合はフルソールを選ぶようにします。足の裏で床をしっかり感じることができるので、感覚をつかむまではフルソールを利用すると良いです。このようにバレエシューズにも素材やサイズ選びに裏面そソールなど、様々な違いがあるので通販サイトでは詳細をチェックして選ぶことが大切になります。

注目キーワード

ソフトバレエ
→SOFT BALLET
スパンダー・バレエ
→「Spandau Ballet」
PAGE TOP ↑