はなおかレディースクリニック

Home > サロン> はなおかレディースクリニック

中絶手術 |東京都大田区【はなおかレディースクリニック】


病院の関連情報

病院(びょういん、英: hospital)は、疾病や疾患を抱えた人(病人、患者)に対し医療を提供したり、病人を収容する施設(の中でも一定の規模のもの)のこと。 病院の設立者は公的セクターが多いが、また保健組織(営利または非営利団体)、保険会社、慈善団体などがある。病院は歴史的に、その多くが宗教系修道会や慈善家によって設立・運営されてきた。
※テキストはWikipedia より引用しています。

はなおかレディースクリニックは東京都品川区【大森駅前より徒歩2分】に女性医師が診察する産婦人科です。不妊症やピル処方などの婦人科もご相談下さい。

女性は女性のみが発症する病気などが複数あり、それらを治療するためレディースクリニックをりようする機会が多いです。レディースクリニックで産婦人科も含まれているので出産の女性が多くりようするとイメージされていますが、同時に婦人科の治療も多いので妊婦以外の女性も多く利用します。特に婦人科系の病気の場合は割合的に年齢の重ねた女性が発症する場合が多いですが、生理周期の乱れや生理痛などは若い女性でも多いです。そんため利用する女性は中学生や高校生といった見せいねいの女性でもあります。ですがやはりどうしても婦人科系のクリニックの受診は、抵抗を感じてしまうこともあります。特に思春期の女の子にとって抵抗が大きいと言うのは仕方がないこともあります。ですが身体の以上は早めに専門医に診てもらい、治療するのが重要となってきます。そんとあめ例え恥ずかしいという気持ちがあっても、しっかりと治療してもらうことがポイントです。初めて受診した場合は、身体の症状も含めて細かい問診が行われます。その中でまずは身体の異変などの症状と合わせて、生理周期などについても聞かれます。生理は何日周期で来ているのかや、最後にきた生理の日なども聞かれます。若い女の子であれば答えにくい内容ですが、正直に答えることが大切です。医師はあくまでも診察のために必要な情報になるので、問診で答えてもらった内容を基に体調不良などがあればその原因を探ることになります。また性交に対してもしっかり聞かれますが、若い女の子はやはり抵抗を感じます。ですが性交の有無によっては発症する可能性のある病気が絞られていきます。恥ずかしいという感情だけでうその答えをしてしまうと、発症する可能性のある病気を見落としてしまう可能性もあります。どうしても恥ずかしくて答えたくないという患者さんもいますが、正しい診察をするためにはやはり正直に問診には答えることが大切であり重要だといえます。

注目キーワード

大学病院
主に医学系の大学に附属施設としてある病院のこと。日本の政令等では大学の附属病院とも表現されている。大学病院では、一般的な医療サービスの提供の他、教育、臨床、研究などを行っている。 日本では、大学設置基......
精神病院
精神科病院の旧名称。2006年、精神病院の用語の整理等のための関係法律の一部を改正する法律(精神病院の用語整理法)の制定で変更になった。 →精神科病院
<<関連情報:病院>>
PAGE TOP ↑