株式会社fleston

Home > ビジネス> 株式会社fleston

ささげ業務・商品撮影のことなら株式会社fleston (フレストン)


写真の関連情報

写真(しゃしん、古くは寫眞)とは、 狭義には、穴やレンズを通して対象を結像させ、物体で反射した光および物体が発した光を感光剤に焼き付けたのち、現像処理をして可視化したもの。このとき、感光剤に焼き付けるまでを行う機器は、基本的にカメラと呼ばれる。 広義には、電磁波、粒子線などによって成立する、弁別可能で存続性の高い像。英語の"photograph"という語は、イギリスの天文学者ジョン・ハーシェルが創案した。photo-は「光の」、-graphは「かく(書く、描く)もの」「かかれたもの」という意味で、日本語で「光画」とも訳される。"photograph"から、略して"フォト"と呼ぶこともある。 日本語の「写真」という言葉は、中国語の「真を写したもの」からである。
※テキストはWikipedia より引用しています。

ささげ業務ならフレストンへ。商品は送るだけ。商品撮影に採寸・原稿作成(キャプション、タグ情報等のリスト化)を組み合わせ、お客様の業務をサポート致します。コメント作成や採寸データも同時にご納品致しますので、ご納品後すぐに掲載が可能となります。

以前に取り扱っているアイテムの写真を撮影しなければいけなかったのですが、売上や商品の名声が左右される物を撮らなければいけない状況でした。当時はまだ右も左も区別を付かせる事が難しかった人ですから、写真撮影も困惑していたのを記憶しています。単純にカメラ撮影した物をピックアップして上司に提出しようか考えていました。しかし、売上アップや名声を回収できるぐらいの撮影はどうやったら出来るのか、意味不明だったのです。 二日ぐらい自力でトライしましたが、不満と不安が交互にきていたのは嫌でした。ストレスやプレッシャーがピークになり追い詰められていた状況を解決しようと、とうとう『ささげ業務』をお願いしたのです。ささげ業務とはいわゆる代行に近いサービスであり、通信や郵送などを介して、商品やアイテムをカメラ撮影してくれる業務になります。私の場合は過去に依頼しましたが、当時はささげ業務を行う会社員、スタッフに細かくやり方やサービス内容を聞きました。 始めはささげ業務を利用したことがなかったですから、どうなるか不安だったのは否定できません。しかし、条件を満たした後から3日ぐらいで連絡が来ました。実物が届いた後、パワーストーン(スーパーセブン)が見事に写っていたのは嬉しかったです。

注目キーワード

写真集
写真によって主要な内容が構成されている書籍のこと。 一般に英訳の際は、Photo Book と記載されることが多い。
写真家
写真撮影を趣味あるいは職業とし、一定以上の写真撮影に関する知識・技術・経験を保有する人。写真愛好家と区別する場合にはプロカメラマンを指す。 フォトグラファー。 関連語 リスト::写真家
<<関連情報:ささげ業務>>
PAGE TOP ↑