ジャパンドッグアカデミー

Home > サービス> ジャパンドッグアカデミー

セラピードッグとさまざまなプログラムを行うドッグセラピストとは


犬の関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

セラピードッグと共にこころ・身体・コミュニケーション力などの援助を行うドッグセラピスト。ドッグセラピーは高齢者施設、小学校、児童館、医療センターなど活躍の場が多くあります。ジャパンドッグアカデミーでしか学べない技術、知識を身に付けて活躍しませんか。

小さいころから犬が好きで、しつけも得意な方でした。中型犬を飼っていた経験もあり、犬に関わる職業に対して憧れがありました。しかし、具体的にどのような職業があり、どうすればそれになれるのか、まったく分かりませんでした。ホームページを見て、ドッグセラピストという職業があることを知り、すぐに興味を持ちました。 犬は好きでしたが、セラピードッグがどういうものなのか、あまりイメージはわきませんでした。しかし、人の役に立てそうだったのと、犬と常に一緒に入れる職業だということで、申し込みしてみました。申し込み後も、具体的にどのようなことをするのか、イメージはわかず、不安もありました。しかし、ありがたいことに、その不安は杞憂に終わってくれました。 セラピードッグを育てるクラスは、とても面白かったです。ダンスを覚えさせる練習は楽しかったですし、犬を待たせる練習は、自分の心理を知る面でも役に立ちました。犬は、こちらが思っていることを、敏感に感じ取ります。セラピードッグを育てるためには、まずはこちらの精神を整えることが、一番重要なことだと分かりました。レッスンは、カリキュラムを眺めているだけのときは、長く感じていました。しかし、実際にやってみると、すぐに終わってしまいました。今は自営でしつけ教室をしながら、老人ホームに犬を連れて、お邪魔させていただいています。

注目キーワード

負け犬
けんかに負けて、しっぽをまいて逃げる犬。比喩的に、勝負、競争に負けてすごすごと引き下がる者。 「―は吠える」「―根性」 -映画字幕では"loser(ルーザー)"を「負け犬」と訳している場面が多く見受けられる。 -第...
柴犬
日本古来の犬種。日本犬種内唯一の小型犬。 国の天然記念物に指定され、常に人気のある犬種。 引き締まった小ぶりな体と、巻き尾が魅力的。 毛色は赤が一番多く、黒、白、胡麻などがある。 海外でも人気が高い。 「...
PAGE TOP ↑