冷凍・冷蔵・解凍装置/フライヤー補助装置の比較ランキングサイト

Home > サービス> 冷凍・冷蔵・解凍装置/フライヤー補助装置の比較ランキングサイト

鮮度維持・保持装置 の比較ランキングサイト


食品の関連情報

食品(しょくひん、食べ物、独: Lebensmittel、羅: alimentum)は、人間が食事で摂取する物。最初の食品は母乳。地域や時代において広く用いられる食品として、ペミカンや缶詰が挙げられる。食品と同義であり明確な線引はないが、肉類や野菜類、果実類など主食品以外の食べ物品目、または調理前の食品を食料品(しょくりょうひん)とすることもある。 人間は生きるために、食品を食べて栄養素の摂取している。医療を目的としたものは薬とよび、食品と区別される事が多いが、薬とは定義されない健康食品と呼ばれるものもある。 生物は食品を味わうことは快楽になるので、嗜好品としての要素もある。
※テキストはWikipedia より引用しています。

刺身や活けづくりなどは鮮度が命であり、少しでも身が傷んでしまったら食べることはできません。スーパーなどで売っている刺身もお寿司も、調理されてからお店に並び、みずみずしい状態を維持しています。これは、特殊な薬品などを使っているわけではなく、鮮度維持装置を利用して食材の鮮度を上げているからです。魚などは種類によってすごく足が速い物があり、釣れてからすぐ措置をしなければとても店頭に並ぶまでもちません。それにも関わらず新鮮な状態で売られているのは、この装置が持つ特別な電波をあてる技術があるからです。これを使うと魚や肉などの熟成度が上がり、腐りにくくなります。野菜や果物も乾燥がおさえられ、汁気を保ちながらも発酵せず元の状態を維持してくれます。この装置は調理した料理そのものにもおよび、焼き鳥やシチューなどはもちろん、パンケーキや大福などお菓子類にも使えるので、非常に汎用性が高いです。鮮度維持装置といってもピンからキリまであり、大仰な物もあれば家庭でも使えそうなほど小型の物もあるため、用途に応じて使うことができます。冷蔵庫に入れては傷んでしまっていた野菜も果物も、これがあれば相当日持ちしますし、使ってから食べると鮮度が上がっているせいかとてもおいしくなります。あまり効果を過信するのも禁物ですが、確かに何もしないで冷蔵庫に入れておくのとではおいしさが違うので、効果は確実にあるわけです。鮮度維持装置は業務用としてはかなりメジャーな存在で、鮮魚を取り扱う場所では頻繁に使われています。これがあるのとないのでは、魚の日持ちが各段に違うからです。良く知られたところではケーキ屋のケースなどでも使われ、ちょっとした味の向上にも貢献しています。あらゆる食品に関して無害かつ保存期間を延ばすことができるこの装置は、現代社会において大きな意味を持つ物です。今後さらに改良され、一般家庭で普通に使われる日が来るのも遠い日ではありません。
PAGE TOP ↑