銀座 誠友堂

Home > ビジネス> 銀座 誠友堂

金の支払調書 | 金は小分け分割で節税&マイナンバー対策【銀座誠友堂】


の関連情報

金(きん、英: gold, 羅: aurum)は原子番号79の元素。第11族元素に属する金属元素。常温常圧下の単体では人類が古くから知る固体金属である。 元素記号Auは、ラテン語で金を意味する aurum に由来する。 見かけは光沢のある黄色すなわち金色に輝く。日本語では、金を「かね」と読めば通貨・貨幣・金銭と同義(お金)である。金属としての金は「黄金」(おうごん)とも呼ばれ、「黄金時代」は物事の全盛期の比喩表現として使われる。金の字を含む「金属」や「金物」(かなもの)は金属全体やそれを使った道具の総称でもある。 金属としては重く、軟らかく、可鍛性がある。展性と延性に富み、非常に薄く延ばしたり、広げたりすることができる。同族の銅と銀が比較的反応性に富むこととは対照的に、標準酸化還元電位に基くイオン化傾向は全金属中で最小であり、反応性が低い。熱水鉱床として生成され、そのまま採掘されるか、風化の結果生まれた金塊や沖積鉱床(砂金)として採集される。 これらの性質から、金は多くの時代と地域で貴金属として価値を認められてきた。化合物ではなく単体で産出されるため精錬の必要がなく、装飾品として人類に利用された最古の金属で、美術工芸品にも多く用いられた。銀や銅と共に交換・貨幣用金属の一つであり、現代に至るまで蓄財や投資の手段となったり、金貨として加工・使用されたりしている。ISO通貨コードでは XAU と表す。また、医療やエレクトロニクスなどの分野で利用されている。
※テキストはWikipedia より引用しています。

金を小分けしないで売却すると必要になる支払調書についてご紹介します。金を小分けに分割して節税。金は100g単位の小分けにすればマイナンバーと支払調書を提出する義務がなくなります。

東京都新宿区に住んでいる72歳男性で、20年前に資産運用のひとつとして金塊5本を約5000万円で購入しました。近年では世界情勢が不透明になりつつあり、金の相場が格段に値上がりをしたのが気になって貴金属買い取りの老舗「銀座誠友堂」で所持している金塊の査定をお願いしました。結果、金塊5本で7200万円という驚きお価格が提示されたので売却することを決めました。その際、売値が200万円を越えたので税務署に対して支払調書を発行する義務があるとお店で告げられてマイナンバー・戸籍謄本の写しを改めて持参して欲しいと言われました。しかし25年前にも誠友堂でプラチナを売却したことがあり、その時の売値は400万円で今回の200万円を越えるという条件だったにも関わらず支払調書というものは発行されなかったのです。疑問に感じて調べたところ平成24年から脱税対策として支払調書の記入・提出が義務付けられたことがわかりました。税務署にあらぬ疑いを掛けられたくもないので、すぐに区役所で戸籍謄本の写しをもらいマイナンバーを示された書類に書き込んで無事売買は成立しました。お店の方が丁寧に支払調書の意味をご教授してくださり大変勉強になりました。
<<関連情報:金 支払調書>>
PAGE TOP ↑