Amour Home

Home > 住宅> Amour Home

仙台のサーファーズハウス・ガレージハウス等の個性的でおしゃれな注文住宅やリノベーション|株式会社 平野


不動産の関連情報

不動産(ふどうさん、英: immovables)とは、国際私法や大陸法系の民事法で用いられる概念であり、大まかにいうと土地とその定着物、あるいはそれらに対する物権を広く含むこともある。英米法系の民事法における物的財産(real property)に近似する概念であり、その訳語としても用いられることが多い。 日本法においては、土地及びその定着物をいうとされ(民法86条)、条文上の直接の根拠はないが、建物それ自体が土地とは別個の不動産とされる(不動産登記法はそのような前提で定められている)。これは台湾民法にもみられるが、比較法的には珍しい。この他にも特別の法律により立木、鉄道財団等も一個の不動産とされている。 また、本来は不動産ではないが、法律や行政上などで不動産に準じて扱われることがあるものとして船舶、航空機、鉱業権などがある。
※テキストはWikipedia より引用しています。

小さい頃から家の近くに海があったので、遊び場といえば、海でした。高校生になると自然とサーフィンを始めて、社会人になってから海がない地域に引越しましたが、休みごとにサーフィンをするために海を訪れていました。半年前に、定年退職をしたので、老後は海のそばで暮らしたいという夢を持っていました。家族も賛成してくれたので、海の近くにある中古住宅を購入することにしました。築年数が古く、見た目もくたびれた状態でしたが、工務店に相談してサーファーズハウスにリフォームしてもらうことにしました。工務店のスタッフが、建築に関する知識が豊富だったこともあり、サーファーズハウスにしたいという相談すると、海からそのまま帰ってきたときに家に入れるように洗い場を作ったらいいということをアドバイスしてくれたり、サーフボードを飾ることができるように部屋をぶち抜いて1つの空間することなどを提案してくれました。壁紙などもサーファーズハウスにふさわしいものを積極的に提案してくれたので、最初は自分だけで理想の家になるか心配でしたが、すぐに任せられると感じました。おかげでサーフィンをするための家といっても過言ではないほど素晴らしい家にリフォームすることができ大満足です。

注目キーワード

東急不動産だまし売り裁判
林田力が東急不動産消費者契約法違反訴訟を描いたノンフィクション。正式タイトルは『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』である。2009年7月1日にロゴス社から刊行した。不利益事実を説明されずに東急不動産...
不動産
*民法86条による定義 土地及びその定着物((なお定着物の例として、建物、庭石、樹木がある))は、不動産とする。 *不動産の鑑定評価に関する法律による定義 不動産とは、土地もしくは建物または、これらに関する所...
<<関連情報:サーファーズハウス 工務店>>
PAGE TOP ↑